2008年02月25日

黒曜:ということで

 

 母の知人からもらった正絹で誂えた着物です。
 そのかたに見せたところ、喜んでくれたそうで。
 人間用には柄が小さくて地味に感じていたそうですが、ドールにすればこのとおり。
 ちょうどいい具合になったと思っています。

 ……が、肩が張ってる……orz
 気づいた時には撮影終わってたので恥をさらします。
 伊達襟が思ったより出張っているので、要修正ですが。
 一応裏地もつけてあります、なんてったって正絹ですから。
 裏地は化繊の風呂敷です。
 母からもらったのを思い切って。

 よそいき訪問着っぽくなったかなー、と自画自賛。
 着物に色がたくさん使われているので、合わせかたを変えれば、
 青、赤、黄……の帯でもいけそうですね。
 黄色の場合は他を濃い色にしないと地味になりそうですが。

 なにはともあれ似合うので満足。
 いつのまにか着物も増えましたねぇ。
 ……先日の日記とアングルがほぼ一緒だった、うわー(汗
posted by あおつぼ at 22:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 黒曜

2008年02月24日

黒曜:着るひと変更

 

 DPボディでも問題はなさそう。
 帯も同じなのであまり違いがなくてすみません(汗
 先日書いた生地で縫った着物は、完成はしたのですが、
 母の知人からもらったものなので、そちらに見せてからにします。

 で、黒曜を全然撮っていないので。
 あとはドルパで買ったウィッグのお披露目というか。
 もうひとつ買ったのですが、そちらは前髪がめちゃくちゃで、
 カットしないと使えそうにありません。
 スキンヘッドにかぶせて、なにかに立てるのがいいでしょうから、
 どこかで時間を見てやらないと……

 なんだかかわいらしいイメージになってますね。
 やっぱり黒い市松さんウィッグよりいいってことでしょうか。
 ただ、光りの当てかたがうまくなかったので、白目の部分は加工してます。
posted by あおつぼ at 23:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 黒曜

2007年06月25日

黒曜:暑

 暑苦しい服装ですみません……ブックオフの戦利品。

 

 以前の日記でも出てきたコートのピンク版。
 こちらのほうがかわいらしい雰囲気です。
 ケープはかなりもこもこなので省きました。

 

 ちょっとアップ。
 光源ヘンですね……アイの光が微妙に。
 待ちあわせのお嬢さんって感じです。

 ……でも、このストレート微妙……
 やっぱりワンカールスーパーロングのほうがいいかも。
 もしくはまたパラボックスで買うかなぁ、まとめ買い……
posted by あおつぼ at 23:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 黒曜

2007年05月29日

黒曜:豹変

 いじるまいと思っていたんですが……
 灰色の目ってメリハリには欠けるので変えてみました。

 

 ……か、かわいいかも。
 やっぱり10mmのアイにしたい感じですが、でもかわいい。
 つい一番お気にいりのウィッグにしてドレスを着せました。
 似合うなぁ……

 

 でもこの顔……なんだか見覚えが……
 ……どこだろう……?

 …………

 アンジェリークだ!

 似てません?
posted by あおつぼ at 23:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 黒曜

2007年04月01日

黒曜:櫻

 彼女の場合はこの旧字が相応しいかなと。
 そんなわけで日記にも書いた母校の櫻と共に。

 素体はドルプラ、左手が外れクセついてえらいことに。
 あとしょっちゅうウィッグもげて尼さんでした。

 衣装は新しいものを縫っていられなかったので既存。
 帯が太い失敗作ですがこれしかまっとうなのないんです……

 

 木の幹と櫻と。
 30cm弱だと普通に撮れません。
 60cm以上ならまだいけるかもですが……
 もしくは台を用意する、とかでしょうか。
 上手なかたはどう撮っているんだろう……と思いつつ。

 草履が見つからなくて素足ですが、
 無邪気に木登りってことで……着物でかい、って感じですけど。

 

 しだれ櫻と。
 上から撮ったはいいんですが、
 この場合のピントは櫻に合わせるべきだった……のかも。

 立たないしスタンドも持ってこなかったので、
 手近な石を積んで座らせています。
 手を伸ばしている……ように見えれば成功。
posted by あおつぼ at 23:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 黒曜

2007年02月06日

黒曜:裁縫

 

「自分の衣装は自分で縫います」

 ……だったらいいなぁ。
 ということでこの写真の着物はまんまと失敗しました。
 裏地ありの着物を縫おうとして○ヶ月、
 いつになったら成功するんでしょうねー……(遠い目
posted by あおつぼ at 00:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 黒曜

2006年10月30日

ドルフィープラス

 を、実は購入していました。
 EBの手を壊してしまいまして……

 で、まあどうせなら色々な素体を使ってみたいと思い、
 DPを買ったわけです。
 手の軸の大きさはEBと同じだったので、
 使い回しができることを発見したので結果たすかりました。

 使ってみての感想ですが。
 ヘッドのつけかたは簡単だし負荷もないしいい感じです。
 うつむきがちとか見上げとかが少し苦手ですが、
 それは今手持ちのボークス全体に言える感じですし……

 手はソフビではないですが、綺麗なのでよし。
 足などの一部がちょっとふっといですが……

 素体を買うとついてくるのがスキンヘッド。
 というわけでメイクしてみました。
 コンセプトはずばり、着物用娘、で。

 

 名前は「黒曜」です。黒曜石からとりました。
 勿論本名ではありません、芸名というかそんな感じで。

 ケバいメイクをやってみようと意気込んだので派手です。
 ……派手なつもりです、これでも。

 口紅の赤を引くのはかなり抵抗ありましたが、
 芸者さんなら朱だ! とばかりに、中の歯? も白く。
 人間用のつけ睫毛もひっぱりだしてくっつけました。

 ……でもドールアイは10mmのがいいかもしれません。
 それとこのヘッドって、ドールアイの固定ができないので、
 練り消しやパテやグルーを使うようにとあるのですが、
 これが何度やってもズレるんです……(泣
 この状態に落ちつけるまでにさんざん失敗をしました。

 EBのようなアイ固定方法と、DPの首穴方法だといいんですけどねぇ。
 EB式の首穴固定方だと、つけかえが大変なので。

 あとはヘッドの形のせいかウィッグがよくずり落ちてしまいます。
 母が眺めて尼さんと言いました。……違う(汗
posted by あおつぼ at 21:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 黒曜